独学でUSCPAを目指すマッチョの考察

Training, English, USCPA, Italian fashion etc.

NTS到着!これで受験要件は完璧かと思いきや。。

遂にNTS(受験票)が到着しました!1ヶ月程かかると思っていたのですがなんと1週間で届きました。NASBAさん急にやる気じゃないですか。

 

USCPAの試験は受験までの手続きがなかなか面倒です。それを求めて予備校に何十万円も払う人もいるんですから。でもそれも今日で終わり。あとは勉強に専念するだけだ!なんて思っていたのですが、まだ終わりじゃなかったんです。。

 

メールで届いたNTSを使って早速プロメトリックセンターでの受験日を予約しようと思ったのですが、IDが使えませんでした。

通信エラーか何かかと思って何度か試してみたのですがやっぱりだめで、ググッてみるとどうやらこのIDはアメリカで受験するのに有効なIDのようで、日本受験を希望する人はNASBAのサイトで日本受験用にIDを変更してもらう必要があるようでした。この際に追加の手数料約350ドルを支払い、約3-4日で新しいIDが送られてくるようです。ということで私も今日支払いを済ませて、今は新しいID待ちの状態です。

 

いやー、今回もそうですけど本当に受験手続きに関してはネット上の情報に助けられています。USCPAの受験生は基本的に予備校を利用しているので何かあったら予備校に聞けばいいのですが、独学で受験手続きも全て自分でやろうと思うとなかなか大変です。USCPAは日本ではまだそこまでメジャーな資格じゃないので出回ってる情報も多くないですし、本部に問い合わせようと思うともちろん英語で聞く必要があるので。

 

このブログではUSCPAを独学で受験しようと思っている方の参考になればと思って、受験手続きを全てシェアしてきました。受験手続きはなかなか大変でしたが、そのために予備校に入るほどではないかなと私は思います。