独学でUSCPAを目指すマッチョの考察

Training, English, USCPA, Italian fashion etc.

吹雪の中、AUD初受験!

本日AUDを受験してきました!

 

AUDの勉強は昨年の11月中旬からやっていたので、試験までに2ヶ月弱勉強してきた感じです。FARの不合格が分かってからはFARと並行して勉強してきたので丸々2ヶ月弱AUDを勉強したわけではないのですが、総勉強時間は約301時間でした。

 

 

やってきたこと

・Wiley 5周

・AICPAリリース 5年分を3周

・Wiley CPAexcel SIMのみ3周

・Wiley CPAexcel  模擬試験みたいなの2周

 

今回はFARでの失敗を活かして、SIMの対策をMCと同等もしくは、MC以上に注力して行いました。

 

Wiley CPAexcel は有料のオンラインコースなのですが、2週間のフリートライアルがあります。(僕の場合はWiley側の手違いで1ヶ月半ぐらい無料で使うことができました。)問題の感じが本番の試験とほぼ同じで、SIMの練習問題が豊富にあるので正直めちゃくちゃおすすめです。

独学でWileyの問題集を購入して勉強していると、どうしてもSiMの問題演習の量が足りません。日本の予備校にもいくつかSIM対策のコースを販売しているところがあったので、問い合わせて見たのですが、どうも内容が古かったり、問題数が少なかったりで物足りない感じでした。そもそも日本の予備校では未だにMCができれば大丈夫!という考えが強いように思います。

 

MCに関してはFARでも使っていたWileyの問題集に加えてAICPAリリース問題を5年分やりました。これはScribdというサイトでダウンロードできます。月会費のかかるサイトですが、初月無料なので、無料のうちに全てダウンロードして退会してしまえば、全てただでゲットできます。

 

 

AUDでも得点計画はFARと同じでMC85%、SIM65%を狙っていました。

受験後の感想としてはMCはテストレット1は非常に簡単に感じました。9割ぐらいとれた手応え。テストレット2は多分ハードモードにはいりました。1問目から見たことない問題がでてきたので。それでも8割ぐらいとれたと思うので、MCは計画通りでした。

SIM正直悪くはないかなーぐらいの感じです。全体的にそこそこ出来た感じですが、あんまり自信ない問題が2問あります。計画通り65%かもしかしたら少し悪いかもしれません。

 

 

結果的に、前回のFARと比べたら大幅に希望を持てるにはなりました。SIM対策を重点的にやってきて正解だったなーという感じですね。結局MCもSIMも暗記に近いような感じで、練習で解いたことのあるような問題は結構すらすらできるものなので、やっぱりMCもSIMも量をこなさないとだめだなと感じました。

 

結果のリリースは2/23です。結果を楽しみに待ちつつ、3週間後に控えたFARのリベンジに向けてまた頑張っていきます!