独学でUSCPAを目指すマッチョの考察

Training, English, USCPA, Italian fashion etc.

プロアクティブのUSCPA受験資格無料査定を利用してみました。

USCPA受験資格取得のため、まずはプロアクティブに無料の受験資格査定をしてもらいました。

 

USCPAの試験は、受験料を払えば誰でも受けられるわけではありません。州によって要件は違うのですが、大学卒業や会計、ビジネスの単位を持っている必要があります。

 

アメリカの機関に送る前に、プロアクティブ(ニキビ薬の会社とは別会社です)で無料査定をしてもらいました。

公式の査定結果をアメリカから得るには1-2ヶかかります。その後、必要単位が足りていなくて追加単位が必要になると、予定していた月に試験が受けられなくなって計画が狂うことになるので、事前に確認しておこうと思った次第です。

メールで英文証明書を送ってから1日で返信がきました!早いですね!

同じ日に資格の大原に送った分は3日たった今も帰ってきていません。こういうところで印象変わってきますよね。。

 

以下がその結果の一部になります。

 

f:id:yujimode:20170730135534p:plain

f:id:yujimode:20170730135601p:plain

f:id:yujimode:20170730140853p:plain

結果としては、現時点でニューヨーク州アラスカ州の受験資格を満たしているものの、ワシントン州かグアムの受験要件を満たすためには追加単位の取得が必要となります。

 

今後の動きとしては、ワシントン州かグアムの受験要件を満たすために追加単位の取得を考えています。

なぜ受験資格を満たしているニューヨーク州アラスカ州で受験しないのか、次回書きたいと思います。