USCPAを目指すマッチョの考察

Training, English, USCPA, Italian fashion etc.

USCPAは独学で合格可能か!?

今回は私がなぜUSCPA受験において独学を選択したのか書きたいと思います。

 

まず、日本人がこの試験を受ける場合、大多数の方はプロアクティブやアビタスなどの予備校を利用します。

 

予備校を利用するメリットとしては

①受験資格等の面倒な手続きに対して、正確な情報とアドバイスを貰える

②日本語の講義、テキストが使える

であると考えました。しかし、私の場合はこのサポートを得るために30~50万円ものお金を投資する気にはなりませんでした。

 

①に関しては、あったほうがいい程度かなと思いました。受験要件を満たしているかや受験すべき州などは、予備校のサービスで入学しなくてもメールで成績証明書を送るだけで無料で診断してくれます。また、最新の情報に関しても自分で随時チェックしていけば問題ないと思います。

 

②に関しては、賛否両論あります。

日本語テキスト賛成派:日本語の講義で概念を理解してから、英語で問題演習に入ったほういい。なぜなら、会計の概念をネイティブでない日本人が理解することには非常に時間がかかるから。

 

日本語テキスト反対派:試験は全て英語なのだから英語でインプットして英語でアウトプットする練習を初めからしておくべき。日本語で覚えたことを英語でまた覚え直すのは2度手間になる。

 

私は反対派寄りです。英語でインプット出来る人はもちろん英語でやるべきですが、ただでさえ馴染みのない会計という分野を英語で勉強するのはなかなか難易度が高いです。私自身はTOEIC860点あるので英語でのインプットもなんとか出来ているかなという感じです。ただ、わからないところはネットで調べて日本語で解説をしてくれている方のサイトで勉強させていただいてもいます。そのため、完全に英語のみでインプットしているわけでもないです。

 

以上の様に、予備校を利用するメリットをネットの情報を駆使して、自力でカバーできると判断したため独学での勉強を進めています。

現在も予備校の無料受験資格の診断を依頼しているところです。

一応会計学科出身なので単位が足りていればいいのですが。。この結果もまた書きたいと思います。