USCPAを目指すマッチョの考察

Training, English, USCPA, Italian fashion etc.

カランメゾット 英語脳を作る最強のスピーキングトレーニング

前回の記事でセブ島留学ではリーディングやリスニングの授業は取らずに全てスピーキングのクラスに変更して、セブ島留学を最大限活用しましょうと言いましたが、ひとくちにスピーキングの授業と言っても実は色々な種類があります。どのカリキュラムを選ぶかによって英語力の伸びは大きく変わってきます。今回は僕のおすすめのカリキュラムを紹介させていただきます。

 

目次

1..語学学校で選べるカリキュラムの種類

2.最強のスピーキングレッスン カランメゾット!!

3.カランメゾットの効果

4.カランメゾットをやるべき人

5.始めるうえでの注意点

 

1.語学学校で選べるカリキュラムの種類

一般的な語学学校、オンライン英会話で行われているカリキュラムを紹介します。

①トピックトーク:日常会話でよく話題になるお題をひとつ与えられ、それについて話す。また、関連することについて話を膨らませていくカリキュラム。

②ビジネストーク:実際のビジネスの場面を想定したシチュエーショントークを練習する。電話対応、会議の進行、プレゼンテーションなど。また、それに関連したビジネスで頻出する単語等も同時に習得する。

③ニュース関連:BCCやCNNなどからニュースを選んでそれについて意見交換をする

④フリートーク:お題は与えられず、教材も使わないので、お互いに近況や自分のこと、趣味等についてなんでもいいので話す。

TOEIC SW, IELTS等のスピーキング試験対策:TOEIC SW 短時間で論理的に文章をまとめて質問に的確に返答する練習。 IELTS 日常会話では出てこないであろうアカデミックな内容について深く話す。

ざっくりですが大きく分けるとこんな感じになるかと思います。

 

2.最強のスピーキングレッスン カランメゾット!!

しかし、僕がスピーキングの授業で最も効果があるとオススメするのはカランメゾットです。多分ほとんどの人がカランメゾットという勉強法自体初耳かと思いますが、これはイギリス軍隊発祥の歴史ある勉強法で、スピーキングとリスニングに特化したトレーニングです。通常の4倍のスピードで英語が話せるようになると言われています。これだけ聞くと聞き流すだけで英語がペラペラになる系の勉強法かと思われたかもしれませんが、全く別物むしろ正反対で正直ものすごく大変なトレーニングです。

内容としては、講師が質問文を2回、通常の会話よりも早いスピードで聞いてくるので、それに瞬時にフルセンテンスで答えるというものです。例えば講師がWhat's this?と2回高速で聞いてくるのに対して、This is a pen.と答えるというものです。penという単語だけで答えてはだめです。必ず毎回フルセンテンスで答えさせられます。また答えられずに詰まっていると、講師が答えを言ってしまうので、その時は講師の言った通りに自分も発音します。

このトレーニングは従来の英語の勉強とは一線を画すもので、また僕の文章力が未熟なため、イメージしずらいかと思います。YouTubeにレッスンの動画が上がっているので是非チェックしてみて下さい。

 


4倍の早さで英語を学習できるカランメソッド授業風景

 

3.カランメゾットの効果

効果としては超高速で受け答えしないといけないため、日本人がやりがちな、頭の中で日本文を作ってからそれを英訳して話すという思考回路を停止させます。英語の質問に対して英語で答えることで、日本語訳を介さない、英語脳を作るトレーニングということになります。そのため始めの段階では上記の英文のように非常に簡単で短いものが使われますが、ステージが上がるにつれて、だんだん質問も答えないといけない英文も長くなっていきます。

僕はこのトレーニングを1日3時間4ヶ月継続した結果、YES,NO,pleaseを連呼していたレベルからきちんとしたセンテンスで返答したり、時々文章をつなげて長めに話したりなど、人間らしい会話ができるまでになりました。そして日本語訳を介さないで、英語を英語のまま理解できるようになったという点に関して非常に効果を感じました。もちろん知らない単語や、瞬時に理解できない文法構造もあるので、全ての英語が理解できるようになったわけではありませんが、圧倒的に返答スピードが上がり、ナチュラルに会話ができるようになりました。また、逆に英語ではわかるけどこれ日本語でなんて言うんだろうなんてことも出てきたりします。

 

4.カランメゾットをやるべき人

このトレーニングは英語初心者から英語上級者までどの方にも有効です。特に日本人に多い、時間をかけて考えれば正しい英文が作れるけど、会話でとっさに出てこない、なんて方におすすめです。または、英語でコミュニケーションは取れるけど単語や相槌を連呼してばっかりでまともなセンテンスで話せない、なんて人にもおすすめです。カランメゾットではきちんとフルセンテンスで答えない限り、講師に何度も聞き直されますから。

このトレーニングを始められる方は、開始時の英語のレベルに関係なくみんなステージ1から始めることになります。僕は最終、全12ステージ中、ステージ11までいきましたが、ここまでくると質問文が長すぎて自分が答える番になるまで質問文を覚えていられませんでした。単純に僕のリテンション能力が足りていなかったのだと思いますが、この時点で僕としてはカランメゾットの効果を日常会話でも実感し、満足していたので、トレーニングを中断することにしました。

 

5.始めるうえでの注意点

始められる方は、最低限ステージ5または6まで継続してやりましょう。この辺りから英語を英語で理解するということの効果を感じ始める人が多いからです。そのため、ステージ2や3で辞めてしまうとそれまでの時間は無駄になってしまうでしょう。また終わりはステージ8または9あたりでもいいのではないでしょうか。ステージ10からは本当に質問文が長くて、講師が言うことをただただ後追いしているだけで、シャドーイングの様な別のトレーニングになってしまう危険性があります。もちろんこの段階でも講師に言われる前に自分で答えられているようなら、是非継続することをおすすめします。

最初のほうのステージでもそうですが、講師に答えを言われる前に答える様に努力しないと、このトレーニングの効果は出ません。このトレーニングの目的は日本語を介さず、高速で英文を組み立てることですから。講師と競争しているぐらいのつもりでとにかく自分で答えられるよう、スピードにこだわりましょう。

 

今ではオンライン英会話、セブ島留学でいくつかの学校がカランメゾットのコースを開設しているので、是非トライしてみて下さい。正直かなり集中力も体力も使うのでしんどいトレーニングです。1回受けてもう2度と受けなかったと言う生徒さんも多数いらっしゃいますが、騙されたと思ってステージ5までは食らいついてほしいと思います。僕はカランメゾットが、スピーキング能力向上に関しては最適なトレーニングだと思っています。