独学でUSCPAを目指すマッチョの考察

Training, English, USCPA, Italian fashion etc.

2度目のBEC受験!リベンジなるか!

本日プロメトリックセンターにて2度目のBECを受験してきました。

 

前回は確実に受かった手応えだったにもかかわらず73点と惜しくも不合格でした。今回は前回のスコアレポートを活かしてSIMとWCを強化して試験に挑みました。

 

MC

前回よりも経済の分野からの出題が多かったように思います。経済は得意分野なので黙々と計算し、気持ち良く解けました。テストレットの難化は感じられませんでしたが、前回以上に良い出来かと思います。

 

SIM

1問たくさん資料を与えられてそこから正解を見つけ出すような問題が出て、これはできませんでした。ここまで読むのが多いと私の英語力では厳しいですね。。ただ他の3問はできたと思います。むしろ1問前回と同じ問題だったような気がします。そんなことあるのでしょうか?笑

 

WC

3つとも練習では書いたことの無いトピックでしたが、大事なのは正しい知識ではなく、正しい構成で聞かれたことにオントピックで答えることだと自分に言い聞かして、何とか書ききりました。終わってみるとまあ目標の50%ぐらいにはなるのではないかと思っています。

 

受かっていれば、全科目合格!いやー結果が待ち遠しいです。そしてぼちぼち就職活動も始めなければですね!そんなこともブログに書いていけたらと思います。それではまた。

BECダメでした。。2019年にリベンジします!

12月に受けたBECですが、残念ながら73点で不合格でした。

 

いやー正直かなり自信があったので今回はショックが大きかったです。

 

頭の中は既に合格後のことでいっぱいでしたから、また部屋で淡々と試験勉強の日々に戻るかと思うと落胆は大きかったですね。

 

レポートによると予想外に出来ていなかったのがSIM


f:id:yujimode:20181231180605j:image

完璧にできてむしろstrongerだと思っていたのでここが完全に読みが外れたところです。

 

MCはそこそこできているので、全体的な理解レベルをもう一段深めて、SIMに対応するというのが次回に向けての対策になりそうです。

 

WCも出来ていないんですが、これはもうしょうがないかな。ただ、次回はもっとフォーマットに沿ってオントピックということを、内容の善し悪しよりも重視して書きたいなとは思います。

 

 

さて、今回でUSCPA試験3勝3敗となりましたが、まだまだチャンスは残っています。

FARのexpireまで最大あと3回は受けるチャンスがありますが、受験料が約7万円とかなり高額なので次で必ず仕留めたいと思います!

遂にUSCPA試験最終章!BEC受けてきました!

さて、本日が4Q最終日ということで、僕もBEC受験してきました!

 

勉強期間は2ヶ月半でした。今回も教材はメルカリで購入したアビタスのものです。勉強スタイルもREGの時と同様で、ディープワークを活用して勉強時間は1日4時間の週5日でいきました!

 

 

手応え的には、まあまあですかね。MC8割、SIM8割、WC4割ぐらいできた気がします。ということは、だいたい74点ぐらいか、またぎりぎりだな。

 

MCは時々IT系の知らない問題が出て、何となく選んだのが数問と、簡単な計算問題なのに何故か数字が合わなくて諦めた問題が1問ありましたのであまり良くないような、それ以外は出来たから良かったような判断しずらい状況です。テストレット2が易化したように感じたので、あまり出来てないかもですね。

 

SIMは出来たと思います!1問目で問題の意味を取り違えてやり直したので、めちゃくちゃ時間をかけてしまいましたが、そのおかげで4問ともよくできた手応えです。

 

WCは微妙でした。とりあえず、考えていた型に当てはめて書いたので、構成的には悪くないと思いますが、内容が少しトピックとズレているかもしれないなあと思います。。

 

結果発表は19日です。あまり手応えがなかった割には、何故か心の中で合格を期待してしまっています。受かってたら2018年の締めくくりとしては最高ですからねー。とりあえず、今はもう勉強することもなくなったのでのんびり本でも読んで結果を待ちたいと思います。

BECにはライティングがあるんです

いよいよUSCPA試験も終わりが近づいてきました。当初の予定では最終科目はREGのはずでしたが、試験範囲が大幅に変更になるのを避けるために先に受験して幸い1回で合格することが出来たので、最終科目はBECです。

 

これまでの3科目との違いはライティングがあること。私はセブで英語を習得しましたが、主にカランメゾットというスピーキングとリスニングに注力したメゾットで学習したため、ライティングの経験がほとんどありません。

 

多くの受験合格者の方はライティングに関しては配点が15点しかないので、前日に軽く見るぐらいでいいという方が多いようですが、私の場合にはライティングもしっかり対策する必要があると感じています。

 

試しに1問やってみるとほとんど全くと言っていいほど書けなかったからです。

調べてみると日本人受験者はこのパートで1割しか取れていないとのことでした。15点の1割というと1点か2点ですよね?そうなると残りのパートは86%取らなければいけなくなります。SIMもあるのにそれはさすがに厳しい、、ということでライティング対策も時間をかけてやることにしました。

 

アビタスの例題を書いてみて、答えを見てまた書き直す。非常にシンプルですが、1周すると文章の構成と頻出単語を覚えてしまったので、ライティングに対する苦手意識がかなりなくなりました。

 

あとはもう問題次第な気がします。四択からひとつ選ぶだけではなく、自分の言葉で説明しなければいけないので、そのコンセプトを理解出来ているのかが本当の意味で問われるパートです。

 

実際に会計士として働くことを考えたら、なぜその会計処理を選ぶのか、どのような効果があるのか、なんてのはわかっていて当然だと思うので、全部四択だったらいいのに、、なんて甘い考えは捨ててしっかり取り組んでいきたいと思います!

普段使いバッグをTHE NORTH FACEからOrobiancoに買い替えた話

アパレル業界を去ってから洋服への興味が薄まり、ここ1年ぐらい洋服を買うことがなくなっていました。

 

アパレル業界にいた頃は常にzozoで欲しいものを探したり、ほぼ毎週買いもしないのにセレクトショップ見て回ったりしていたのに状況が変われば人は変わるものですね。

 

そんな中ものすごく久しぶりに買い物をしたので、紹介したいと思います!

 

皆さんは普段どのようなバッグを使っていますか?


僕は普段から外出時は財布とスマホだけ持って身軽に出歩きたいタイプなので、ボディバッグを愛用しています。

 

海外旅行に行く時もボディバッグなら体の前で持つことが出来るので、スリ対策にもなって非常にいい感じなんです。

 

ちなみにこれまでは、このTHE NORTH FACEのバッグを使っていました。


f:id:yujimode:20181022130142j:image

 

このバッグは大学生の頃に購入してから長いことお世話になってきたのですが、ポケットや仕切りがついていなくて、取り出したいものがすぐに取れないところが不便だなと感じていました。

 

そこで今回購入したのがOrobiancoのボディバッグです!

f:id:yujimode:20181022130019j:image

なんとポケットが4つも付いているので、財布、スマホ、パスポート、本など分けて入れることができ、非常に便利なんです。

 

Orobiancoというと、ファミリー向けのショッピングモールでもよく見かけるブランドのため、日本ではブランド価値はかなり低いように思います。

ですが、商品自体は高級なリモンタナイロンが使用されていたり、ジッパーがオリジナルのものであったりといい感じなんですね。

 

見た目がわかりやすくイタリアブランドっぽい、悪くいえばコテコテな感じも、ほかの洋服をユニクロなどシンプルなものにする時にはアクセントになってくれるので、個人的には気に入っています。

 

特にこのバッグで気に入っているのはバッグを身につけた時の体側にもジッパー付きのポケットがあることです。


f:id:yujimode:20181022131927j:image

スリ対策としてはここにポケットが付いていることが最高ですね。海外に行く時はパスポートをいれたいと思います。

 

 

久しぶりに買い物が出来て嬉しかったので、ブログに書いてみました。

 

USCPAの方は最終科目BECの12月受験に向けて着々と勉強中です。受験予約も完了しました!

2019年を全科目合格で迎えられたらいいなと思います。頑張ります!

 

REGスコアリリース!結果は!?

昨夜、9月10日に受験したREGの結果が出ました。78点で合格でした!

 

難関だと思っていたREGを1発で合格出来て本当に嬉しいです。来年から試験範囲の法改正で対策が難しくなるため、予定していたBECより先に受けたのですが、無事合格出来て良かったです。

 

受験後に簡単だったと言っていた割には78点という割りとギリギリなスコアでしたが、受かったので良しとしましょう。

 

NASBAのTwitterで見たのですが、今回はREGの受験者が多く、みんな法改正前に受かっておきたいのかなと感じました。なぜか合格率も高かったようで、僕もそれに便乗してギリギリ受かったような感じですね。

 

前回書いたように今回からは勉強法をかなり変更していたので、それも吉と出たようです。

 

 

さて、長かったUSCPA試験も残すところBECのみとなりました。最初に受かったFARのEXPIREまで3回受験のチャンスはありますが、時間的にも金銭的にも厳しい試験ですので、12月の試験でまた1発合格して終わりにしたいと思います!

 

合格後は監査法人でキャリアを再スタートしたいと思っているので、転職活動などもブログに残していきます。

 

来年から転職活動出来るよう、12月のBECに向けてまた頑張ります!

 

REG受験。予想外の手応え。

本日、USCPA3科目目となるREGを受験してきました。

 

前評判ではREGはUSCPA最難関、範囲が広く、とにかく暗記することが多すぎるということだったので、準備期間はしっかり5ヶ月REGだけを勉強してきました。

今回からはアビタスの教材を使っていましたが、やはりインプットは日本語での方が圧倒的に楽ですね。

 

それ以外にも今回は学習方法について色々新しい取り組みをしてきました。1番大きいのは勉強量を減らしたことです。これまでは休憩時間を除いて6時間毎日勉強していましたが、今回は休憩時間をいれて1日4時間の週に5日間のみ勉強しました。実質勉強時間は半分以下になります。これはカル・ニューポートの推奨するディープワークを取り入れたスタイルで、簡単に言うと量より質を重視して生産性を上げる取り組みです。

 

また、瞑想による集中力の向上やスタンディングデスクの採用により、効率を上げて、無駄な努力をしないような勉強法に変えてきました。

 

仕事においても長時間働くことが素晴らしいとされる環境で育っただけに、最初は勉強する時間があるのに集中力を休めるためにあえてぼーっとするということが、合格から遠ざかっているようで怖かった気持ちもありましたが、やっていくうちにこのメリハリのあるスタイルが自分の中でしっくりきて、ストレスなく勉強がすすみ、プライベートの時間も圧倒的に増え、いいことだらけでした。あとはいい結果が出れば文句なしですね。

 

受験後の手応えとしては、非常に簡単だったように感じました。(こんなこと言ってても落ちるかも知れませんが)特にMCが各テストレット45分ずつで終わってしまい、SIMに余裕を持って取り組めたことが大きかったです。

MCが予想外に早く終わったのは、REGは暗記が多いだけあって、知っていたら瞬殺出来るし、知らない問題は考えることなく諦めることができるからだと思います。

SIMは2問あまり自信がない問題がありますが、全体的に結果を期待して待てる手応えでした。

 

19日のスコアリリースを待ちつつ、最後の科目であるBECの勉強を明日から始めていきます。USCPA試験ラストスパート頑張ります!